2013年04月02日

奈良県風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する条例(習俗的行事その他の特別な事情のある日等)

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律により、風俗営業を営む場合には営業時間の制限が定められています。
ただし、都道府県条例で定められている日には、通常0時までしか営業できない風俗営業の規制が緩和される地域や日があります。
今回は奈良県の場合を例にあげておきます。

以下、奈良県条例を引用します。
(習俗的行事その他の特別な事情のある日等)

第四条 法第十三条第一項に規定する習俗的行事その他の特別な事情のある日として条例で定める日は、十二月二十一日から同月三十一日までの日とする。

2 法第十三条第一項に規定する習俗的行事その他の特別な事情のある地域として条例で定める地域は、県の全域とする。

3 法第十三条第一項に規定する条例で定める時は、午前一時とする。

4 法第十三条第一項に規定する午前一時まで風俗営業を営むことが許容される特別な事情のある地域として条例で定める地域は、接待飲食等営業、まあじやん屋及び法第二条第一項第八号に掲げる営業について、奈良市大宮町六丁目とする。


上記の通り、年末や、特別な繁華街にあたっては深夜1時まで延長して営業することができるのです!

当事務所ではクラブ、ラウンジ、キャバクラ、ホストクラブ、ガールズバー、ボーイズバー、麻雀屋、居酒屋等の許可申請代行、どのような許可が必要なのかの相談業務、許可取得後の法令順守のサポート、コンサルタント、顧問業務も承りますので、お気軽にご相談下さい。

☆お問い合わせメールはこちらから ☆

行政書士 大川法務事務所
556-0022 大阪市浪速区桜川1丁目2番9号 西川不動案株式会社内
TEL・FAX 06-6185-1126
事務所サイトはこちら→  大阪府大阪市(キタ、ミナミ)の風俗営業許可変更届出代行は大川法務事務所へ。
風俗営業許可専門サイトはこちら→ 風俗営業許可、深夜酒類提供飲食店営業開始届出サポート.COM
posted by 行政書士 大川法務事務所 at 13:32| 大阪 ☁| Comment(0) | 風俗営業許可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。